Category: Gnosis (GNO)

Gnosis MultiSig Wallet(ノーシス・マルチシグ・ウォレット)のアルファ版リリース

Gnosisの組織構造 — Gnosis MultiSig Wallet(ノーシス・マルチシグ・ウォレット)の箇所を公開

今年2月に、マルチシグ・ウォレットを発表いたしました。このマルチシグ・ウォレットは、トランザクションを実行する前に、複数の参加者が同意することが必要です。参加者?参加者とは、Ethereum(イーサリアム)アカウント・アドレスを使用して、スマートコントラクトのマルチシグ・ウォレット所有者のことです。 つまり、あらかじめ決められた数の参加者がトランザクションを確認・承認した場合にのみ、トランザクションが実行される仕組みなっています。 したがって、秘密鍵で守られたアカウントに関する単一障害をなくすことができます。

秘密鍵をなくす、もしくは、誰かに渡すことをしなければ、守られたアカウント内の資金を失うことはありません。

過去数ヶ月にICOを行ったチームの大部分(GolemAragonCivicdistrict0xなど)が、ノーシス・マルチシグ・ウォレットのインスタンスをすでに使用しており、ウォレット内の預金額はEthereum(イーサリアム)や他のトークン合わせて20億米ドル以上の価値にものぼります。

本日、MyEtherWallet(マイ・イーサ・ウォレット)MetaMask(メタマスク)と互換性がある、アカウントの作成とインポートを可能にするデスクトップ版を発表いたしました。

私たちはこれからもノーシス・マルチシグ・ウォレットをより良いものにするために邁進して参ります。

ノーシス・マルチシグ・ウォレットの新しいウォレット作成、デプロイメント、入金

機能の概要

ノーシス・マルチシグ・ウォレットの機能概要
  1. マルチシグ・ウォレット作成:マルチシグ・ウォレットは数に制限なく作成できます。
  2. マルチシグ・ウォレット復元:アドレスを保持することで、ウォレットをロードできます。 つまり、誰もが財布に資金を入金することができますが、そのウォレットからの資金を出金は、所有者だけが実行することができます。
  3. マルチシグ・ウォレット管理:マルチシグ・ウォレットの所有者を追加、削除、交換することができます。 ただし、所有者の承認が必要です。
  4. Ethereum Token(イーサリアム・トークン)のサポート:マルチシグ・ウォレットは、GNO、STORJ、TENXPayなどのすべてのERC20トークンをサポートします。
  5. 元帳ウォレットの統合:ノーシス・マルチシグ・ウォレットを使用すると、元帳のようなハードウェア・ウォレットを使用してトランザクションを承認・実行することができます。
  6. アカウントの作成:マルチシグ・ウォレット上のアドレスの秘密鍵とともにEthereum(イーサリアム)アカウントを作成することができます。
  7. アカウントのインポート/エクスポート:Ethereum V3フォーマット(MyEtherWalletおよびMetaMaskと互換性があります)に従って、外部のV3ファイルをインポートしたり、アカウントをエクスポートしたりできます。
  8. ユーザー・ユーザー・トランザクションの署名:マルチシグ・トランザクションとは別に、マルチシグ・ウォレットを使用するユーザー間のトランザクションを行うこともできます。たとえば、ボブ(マルチシグ・ウォレットの所有者)がクレア(マルチシグ・ウォレットの所有者 )に5ETHを送信した場合、5ETHはボブのアカウント残高から差し引かれます。
  9. トランザクション・シュミレーター:トランザクション・シュミレーターを使用すると、実際にトランザクションを送信することなく、トランザクションの実行結果をシュミレーションすることができます。 これには、ABIメソッド呼び出しと同様にトランザクション呼び出しも含まれます。
  10. トランザクション・デコーダー:マルチシグ・ウォレットとユーザーの両方によって実行されたトランザクションのリストとともに、それらのトランザクションの簡単な読み込みログを作成しました。(例:「ボブがクレアをXYZウォレットの所有者として追加しました」)。
  11. ノーシス・アラート・サービス:アラート・サービズに申し込むと、ウォレット上で生じる入金等のイベントが起こるたびにメールで通知を受け取ることができます。
  12. トランザクションのオフライン・サインイン:私たちが開発しているインタフェースでは、トランザクションのオフライン・サインいんが可能です。 ノーシス・マルチシグ・ウォレット・UIは、ユーザーがオフラインコンピュータにいるかどうかを検出し、それに応じてインターフェイスを調整して、トランザクションのオフライン・サインインを許可します。 サインインされた取引はオンラインコンピュータに転送され、Ethereumネットワークに送信されます。
  13. チェーンのカスタムをサポート:設定ページで指定するだけで、マルチシグ・アプリを任意のイーサリアム・ノードに指定するだけで、カスタム・イーサリアム・ノードアドレスを提供できます。 したがって、マルチシグ・ウォレットは、主要プロバイダだけではなく、MetaMask、Mist、Parityなどで使用できます。
  14. チェーン検出:現在使用されているチェーン以外のチェーンでのウォレットが検出された場合、通知されます。
  15. トランザクション送信のカスタム:ABI配列を指定し、メソッドを選択し、必要なパラメータ値を入力することによって、トランザクションを実行できます。

いかがでしょうか? 是非試してみてください。

Gnosis MutiSig Wallet(ノーシス・マルチシグ・ウォレット)デスクトップ版スタンダートアプリのダウンロードは、こちら

また、ウェブアルファ版はのダウンロードは、こちら

私たちは、みなさまいただけるフィードバックを非常に大切かつ参考にしています。

ご質問やご指摘がありましたら、下記メールアドレスまでお問合せください。

Stefan George (共同出資者、CTO): [email protected]
Denis Granha(フルスタック・エンジニア): [email protected]
Giacomo Licari(フルスタック・エンジニア): [email protected]


Gnosis MultiSig Wallet(ノーシス・マルチシグ・ウォレット)のアルファ版リリース was originally published in Gnosis on Medium, where people are continuing the conversation by highlighting and responding to this story.

<div class="infobox"><span class="appendinfo">This article was originally published on: <a href="https://blog.gnosis.pm/" target="_blank">The Gnosis Blog</a> on </span></div>